スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中高年の転職とビジネスマナー

中高年の転職で最低限求められるのはビジネスマナーです。当然と言えば当然かもしれませんが、中高年のみなさん意識をしたことはありますか?もちろん、業界(業種)や職種によって転職者に求められるビジネスマナーのレベルに違いはあります。でも、20代の若手より中高年の転職者に高いレベルのビジネスマナーが求められるってのは間違いないです。中高年の転職者(縁故や引き抜き以外の)に求められるのは「経験」「落ち着き」などです。一方、体力や勢い、ITスキルなどは20代前半?後半、さらに30代の転職希望者と比べても劣ると判断されるのが一般的です。そんな中高年の転職者に必要なスキル、武器は「あっこの人が会社にいると若手の見本になりそうだな」と感じさせるビジネスマナーと言えます。ここで言うビジネスマナーとはおじぎの角度や挨拶の声、さらには目線の配り方などかなり細かい部分を含みます。もっと言えばコミュニケーション能力(大人の)にも上手い下手だけではなく、マナーの正確さが求められるでしょう。中高年というと凄く転職に不利なイメージをお持ちの方が多いと思いますし、基本的には事実かなり厳しい転職活動が待っています。ただ、ピンポイントにはまることもあります。転職って結局は「会社の欲しい人材」と「あなたの転職したい気持ち」が重なるかどうかです。確かに、一般の大手企業などでは中高年の方は書類審査の段階で落とされたり、敬遠される傾向は強いです。しかし、ベンチャー企業などでは「面白いじゃん」って採用担当者に思われれば「とりあえず雇ってから決めよう」って感じで転職が決定する可能性もあります。

スポンサーサイト

2008年01月11日 中高年の転職サポート トラックバック:0 コメント:-

| 中高年の転職サポートTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。